観察できる流星数が多いことから、
「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」と並んで「三大流星群」と呼ばれています。

今年、このふたご座流星群が最もよく観察できるのは12月14日前後。

13日・14日の夜間、人口の光の少ない暗い場所で観察すれば、
最も多いときには1時間当たり40個程度の流星を見ることができると予想されています。

時間帯は、20時頃から未明まで。
今年は月明かりの影響も少なく、晴天であれば明け方まで流星の観察ができそうです。

上記のピーク時以外でも、12月4日頃から17日頃までは通常より比較的多くの流星が観察できると思われますので、
期間中は夜空を見上げてみてはいかがでしょうか。

ぜひ、当リゾートで、天然のプラネタリウムをお愉しみください。